日本の中の異文化

日本の中の異文化

北の大地の魅力は語り尽くせない

北の大地に行くと、同じ日本でも違った風景、生活模様が醸し出されているので、いろいろ感傷に浸ることができます。
わたしたちの祖先が切り開いた土地、北海道では、強くたくましい人々が、厳しい気候にもめげないで、今日も生活しています。
北海道の県庁所在地である札幌は、海外からの観光旅行でも人気の観光都市となっています。
北海道を周遊しようと思うと、とてもではありませんがまわりきれませんので、はじめて北海道旅行をされる方たちは、札幌に寄って、ホテルをブッキングして、その後他の観光地に行くことが多いようです。
そのため、札幌には予算に合わせたホテルがたくさん立ち並んでいます。
さて、札幌というと、時計台やすすきので有名ですが、その他の観光スポットにはどのようなものがあるのでしょうか。
他の都市とは比較できませんが、札幌にはここでしか味わえないような、風情漂う観光スポットに巡り合うことができます。
たとえば、美しい公園、庭園に関心のある方であれば、中島公園で過ごす時間というのは、非常に心休まるひと時となるに違いありません。
もしも余裕があるのであれば、ここはただ少しの時間滞在して、すぐに次のポイントに行ってしまうのではなく、じっくりと味わっていただきたいと思っています。
ここは、「日本の都市公園100選」にも認定された、都市に近い憩いの公園です。
国の重要文化財に指定されている「豊平館」や、日本庭園などを堪能することができます。
しかし、そこから2キロほど行くと、これもまた素晴らしい公園があるのです。
それは、大通公園と呼ばれる非常にダイナミックな公園です。
きっと名前を聞かれたことがおありだと思います。
ここでは、季節に応じてさまざまなイルミネーションを見ることができます。
たとえば、ホワイトイルミネーションや、雪まつりが開催されることでも有名です。
とくに、雪まつりのシーズンは混雑しますので、ホテルなどを早めに予約しておいた方がいいでしょう。
そうしないと、夜のイルミネーションをみてから、遠くのホテルまで移動するのは非常に大変になります。
また、札幌と言えば、ビールのシェア率では負けていても、コアなファンを持っているサッポロビールの本拠地です。
サッポロビール園では、そんなサッポロビールが自信をもって世の中に送り出しているビールと、北海道の名物料理であるジンギスカンを味わうことができます。
そのように考えますと、広い北海道ですが、札幌だけでも見所が満載なので、何度旅行で訪れても、飽き足りることはないでしょう。