日本の中の異文化

日本の中の異文化

郷土愛に包まれて

自分たちの住んでいる街を愛することができる、それは非常に素晴らしいことではないでしょうか。
そのような郷土愛を抱いている人たちが多い街と言えば、日本で言うとどこになるでしょうか。
多分、福岡が頭に浮かばないということはまずないでしょう。
実際、福岡には、彼らが自分たちの出身地を愛してやまない、列記とした理由があるのです。
それは、福岡へ旅行に行けばすぐにわかります。
最近では、九州新幹線全線開通などの話題で、博多駅はさらに盛り上がっています。
また、福岡空港は比較的市内の中心部に近く、最近では激安の航空会社なども乗り入れているため、空からのアクセスも非常に良好になっています。
そのような街ですが、そこの見所について少し見てみることにしましょう。
まず、福岡に来たら皆が経験したいと思うのは、「食」ではないでしょうか。
とんこつラーメンや、その他のおいしい食べ物も、福岡県民たちの誇りであるようです。
福岡に行ったら絶対に試してみたいのが、屋台の味です。
とくに、天神、中洲、長浜エリアには、夜の6時をまわると、屋台が一斉に並び、仕事帰りの人、旅行で訪れた人ですぐにいっぱいになってしまうのです。
ですから、屋台を楽しむためには、日が暮れてくるころには、その近辺に待機しておいた方が無難かもしれません。
ところで、福岡というととんこつラーメンのイメージがありますが、その他の名物料理、名産品は何でしょうか。
まず、博多明太子でしょう。
しかも、博多明太子とは言っても、それを製造している各社とも、こだわりの味付けをしていますので、購入するお店によって、微妙な違いを味わうことができるのです。
そして、鍋で言えば、水炊きも福岡が日本に誇る料理でしょう。
一見簡単そうで奥が深い水炊きは、まず福岡で本場の味を味わって、それを家庭料理の際に参考とすることができるでしょう。
その他にも、味だけではなく、そのヘルシーさでも人気なのが、もつ鍋です。
このように、食べることに費やしても、結構早く時間が過ぎてしまうでしょう。
それらに加えて、福岡にある観光スポットをまわろうと思うと、効率よく行動する必要があります。
ですから、はじめて福岡を旅行するという方であれば、現地発のツアーへ申し込むこともできるかもしれません。
そうすることで、福岡の魅力を味わい、そうなると最後で、その魅力に取りつかれ、また戻っていきたいと思うに違いありません。
日本国内でも、場所が変われば食も風景も変わるものだと感じさせられます。
是非一度、九州地方に行ってみましょう。