日本の中の異文化

日本の中の異文化

東京都板橋区と川崎市

関西に住む私は関東にはとても憧れがあって旅行するならば関東に行きたいと思うことが良くあります。
大都会東京は全てにおいて洗練されていて私の住む地域とは全く違うような気がします。
人生50年生きていますが私が東京を訪れたのは数える事が出来る位で10回もありません。
最初に東京を訪れたのは中学の修学旅行で次に訪れたのは以前勤務していた会社出張でした。
その後は友達と東京ディズニーランドの行った時と娘と孫を連れて東京ディズニーランドに行った時に立ち寄った位のものです。
田舎に住む私にとっては高いビルが立ち並び驚くほどの人並みで何だか疲れてしまい自宅に帰る道中で見なれた風景が血づくと何だかほっとします。
大都会東京は便利で多くの物が溢れすぎて何だか殺伐して心を癒す事が出来ません。
ですが東京の板橋区は多くの自然があって大都会の自然を楽しむ事が出来そうです。
東京を流れる荒川の河川敷は整備が行き届いて緑がとても綺麗です。
野球やサッカーの運動場もあるようで野生の昆虫や鳥もいるようです。
板橋区には3.5キロの荒川の河川敷があって3月にはマラソン大会8月には花火大会があって大都会での自然を十分に楽しめそうです。
愛犬と一緒に荒川河川敷を散歩してみたいものです。
神奈川県の川崎市も旅行するには気になる所です。
神奈川県と言えば横浜と言う気もしますが私の様に50歳を過ぎると横浜は若者の街の様な気がして楽しいけれども自分いつまでも若くはないのだと言う事実を改めて思い知らされるような気もします。
歳の行った田舎物には横浜と言う街は似合わないのかも知れません。
こんな事を行ったら川崎市には失礼かも知れませんが私の様に50歳を過ぎた年齢には川崎市の方がしっくりと馴染むような気がします。
若い頃には神社や院には興味がなかったのですが年齢と共に神社や寺を訪れると不思議に心が落ち着きます。
京都や奈良のお寺参りの私の楽しみの一つで最近では地元の小さな神社や寺に行くのが休日の楽しみになっています。
川崎市では名前を良く聞く川崎大師に行ってみたいと思っています。
川崎大師の事はよく知らないのですが交通安全で有名のようです。
他にも厄除けや家内安全に御利益があるようで毎日自動車を運転する私にはぴったりです。
初詣の人出の多さでは日本一だと言われる川崎大師は思えば思うほど行ってみたくなります。
他にも王禅寺やたちばなの散歩道、生田緑地も人気のスポットで関東に旅行するなら川崎市も中々魅力的です。

関連リンク