日本の中の異文化

日本の中の異文化

沖縄の不思議な魅力

何年か前に友達と沖縄旅行をしました。
本当は北海道旅行がしたかったのですが予算が足りなく、それならば沖縄にしようと言う事になりました。
ですが予定の日が近づくと大型台風がやってきて私達が沖縄に到着する日は台風の上陸予定日と重なった為に断念せざるをえず、その数カ月後にやっと私達の念願の沖縄旅行が実現する事になりました。
1月半ばの一番寒い時期でしたが沖縄では春先を思わせるような陽気で同じ日本でもこうも気候が違うのだと驚きました。
沖縄では美ら水族館でじんべえ鮫を鑑賞しひめゆりの塔にも行き大満足の旅行でしたが衝撃的な事も多々ありました。
私が一番衝撃を受けたのは公設市場でした。
テレビでは何度も見ていたのですが肉と魚の入り混じった臭いに圧倒されました。
無理やり食べさせられた試食で気分が悪くなり吐いてしまったという事件があり、沖縄に到着して始めての観光が公設市場であったから波乱万丈のスタートとなりました。
最初に食べた試食で吐いたものだから食べ物にはとても慎重になり元々始めて口にする食べ物には抵抗がある方なので中々食べる物が見つからないのと料理名を聞いても一体どんな料理なのかを想像できずに無難な物だけを食べて過ごした事を覚えています。
沖縄は料理が美味しいと聞くのですが私には全く合わないというか理解できずに沖縄を後にしました。
沖縄で食べた料理で一番美味しかったのは空港の中にある中華料理で旅行の楽しみである地元の料理を美味しく食べる事は私には出来ず沖縄旅行は人気ですが私はこりごりで二度と行きたくないと思っていました。
最近の事ですが私の周りには沖縄ファンが多く実際に沖縄旅行を楽しむ人が以外にも多い事に気が付きました。
インターネットや雑誌などの沖縄特集には何故か興味が湧くのが不思議です。
何気なく見ていると結構私の知らない沖縄があって全く可愛いと思わなかったシーサーが可愛く思えてきました。
沖縄には様々な顔をしたカラフルなシーサーが沢山いるようで写真ではみたけれど実際に自分の目で見たいと思うようになりました。
苦手だった沖縄料理にも再度挑戦したくなるのも不思議です。
沖縄には大自然があって海と言うイメージが強いのですが山も又素敵です。
もう一度沖縄に行ってみようと思い始め段々沖縄が好きになって来ます。
沖縄では固定概念を捨てて何事にも意欲的にチャレンジ見ようと思っています。
一度は二度と行きたくないと思った沖縄は、それでも又行きたいと思わせる不思議な魅力があるようです。

関連リンク