日本の中の異文化

日本の中の異文化

横浜へ行くには

みなさんは旅行が好きですか?奥の細道の松尾芭蕉のように、漂泊の思いに駆り立てられて、全国各地を旅する老若男女は意外と多いのです。
実を言いますと、わたしの祖父もそのヒトリです。
わたしの祖父は全国を旅する人でした。
定年退職後はかなりの旅行をしていました。
結果的には客死することになったのですが。
こうした流れから、わたしもかなりの旅行好きです。
だから、このサイトではみなさんに旅行の知識を紹介しようと思っています。
旅行をする場合の祖父の格言ですが、一に情報、二に情報、三枝は桂で、五に情報だそうです。
何はなくても、まずは旅行の前に情報を収集することが一番になってきますね。
ここでは、とくに横浜の情報を紹介します。
まずは横浜の基礎知識を説明します。
横浜市は神奈川県の県庁所在地になっています。
かなりのオフィスビルや商業施設が集中する関東地方で第二の都市になっていますよね。
横浜には全国から観光客が大勢やってきます。
やはり、港町のイメージがありますので、こうしたエリアを散策する人が多いです。
横浜の場合は、海側の地域に観光スポットが集中しています。
山側エリアは住宅地ですので、あまり観光地ではありません。
海側エリアの場合は横浜駅周辺の地域、また、MM21周辺のエリア、それに中華街のエリアなどに分類できますね。
買いものをする場合は横浜駅周辺が一番です。
大手のデパートが集中していますので、安心して買いものをすることができます。
このエリアにはJR線などを利用すると、かんたんにアクセスすることができますのでうれしいですね。
雨の日でも気軽に移動することができますので安心です。
また、新しいスポットがよい場合には、みなとみらい地域がおすすめです。
巨大施設や観覧車などのおしゃれスポットも盛りだくさんです。
おのぼりさんにはうれしい観光地になっているので初心者にはよいと思います。
このあたりには安い駐車場もありますので、車での旅行を検討している人にもおすすめできるエリアになっています。
さらに、食事を楽しみたい場合には中華街がよいですね。
横浜中華街は日本最大の中華街ですので、いろいろな食事のお店があります。
気軽にお店を探すことができるので、みなさんも一度行ってみてはどうですか?かなりおすすめできる街が横浜になっていますので、このサイトの情報を確認すると成功する旅行になっていますよ。
しっかりと確認をしてほしいと思います。