日本の中の異文化

日本の中の異文化

安全に気をつける海外旅行

若者のあいだで人気の観光地といえば、やはり海外ですよね。
海外への旅行は年々その人数が増加する傾向にあると思います。
海外の旅行は若いうちにしておけ、という有名な言葉もありますので、みなさんのなかにも若いうちに海外へと出かけたいという人が大勢いると思います。
さて、むかしよりも身近になった海外旅行ですが、そのなかには実は危険もあります。
日本語が通じない国で危険に巻き込まれた場合には悲惨です。
なんとかならない場合だって往々にしてあります。
だから、海外への旅行をする場合にはしっかりとした自衛策をとることが重要な姿勢になるのです。
このページでは海外への旅行をする場合の安全策に関する情報をみなさんに紹介しようと思いますので確認をしてみてください。
まずは海外の状況について説明します。
欧州の先進国では犯罪の件数は比較的少なくなっています。
だから、日本人での気軽に旅行できる地域が欧州の先進国になります。
ただ、これらの地域であっても安全の確認は重要になってきます。
一番の問題はスリです。
スリは多く発生します、とくに多くの観光客がいる場所では混雑しますので、たくさんのスリがいますね。
人ごみのなかでスリにあっても、なかなか気づきません。
楽しい観光中なので、気が緩む場合もよくあります。
欧州のスリはこうした隙を見逃しません。
とくに日本人はターゲットになります。
まだまだ裕福であるという印象がありますので、日本人はスリの対象になってしまうのかもしれませんね。
スリへの対処は、盗まれるところに財布を入れないことです。
かばんのなかにしまうと安全です。
しかし、かばんごと盗むヤカラも存在しますのでたいへんになります。
こうした場合には靴のなかにお金を隠すことがよいでしょう。
脚の裏にお金を隠すと安全です。
スリにも盗むことができません。
ほんとうに重要なお金はこうした安全な場所に隠すとよいと思います。
また、重大な犯罪のある地域もあります。
南米の国では凶悪な犯罪が多発する地域があります。
とくに麻薬の取引があるような地域では危険性がアップすると思います。
身の危険を察知した場合には安全なところに避難するようにしましょう。
タクシーだって危ないです。
正規のタクシーではない場合、誘拐などの犯罪に遭う可能性が10倍はアップします。
10倍危ないということです。
誘拐の場合には命の危険にもなります。
しっかりとした対策をして、みなさんが安全に帰国させることを願います。