日本の中の異文化

日本の中の異文化

大変便利なレンタカー

海外ではあまり借りないレンタカーだが、日本国内の沖縄や北海道となれば、レンタカーはかなり重宝する。
日本国内のレンタカーであれば、特別車線を気にすることもないし、変わった標識があるのを心配する必要もない。
それを考えると、飛行機で旅先へ移動する場合は、旅先でレンタカーは本当に便利な乗り物だ。
最近では、北海道や沖縄、地方への旅行のツアーには、ほとんどがレンタカー費用が含まれて、販売されているケースがほとんどだ。
レンタカーはオプションで、付帯させることも可能だし、付帯させずに、通常の航空券とホテルのツアーを選ぶことも可能だ。
こういった選択肢の幅が広がっているところも、顧客にとっては嬉しい。
地方都市であれば、ある程度電車や地下鉄が発達している場合もあり、ともすると車が不要な場合もある。
が、やはり地方となると、電車の便も悪い上、駐車場に困ることもそれほどない為、レンタカーは利用価値が高い。
また、レンタカーは通常一日一台いくら、という設定である以上、大勢で一台を利用すれば、それだけ一人あたりの負担は少なくて済む。
車で現地まで行く方法もあるが、やはり限られた時間で、休暇を思う存分楽しむには、ある程度の距離があれば、飛行機を使い現地でレンタカーを借りて楽しめるというのは、素晴らしいサービスだと思う。
ただ、小さい子供がいたり、飛行機や電車での移動が困難なお年寄りがいる場合には、車での移動のほうが便利な場合もある。
やはり、そういった場合には、距離的にもある程度限りがある。
レンタカー、旅行の際には大活躍するのだが、それ以外の日常生活でも非常に便利なものだ。
例えば、寝たきりの入院している患者さんを、どこか外へ連れ出したりする際、介護車両をレンタカーすることもできる。
介護者用に自身の車両を改造するには、莫大なお金がかかるので、一時的な利用であれば、レンタカーで対応が可能である。
また、旅行で、大勢で一台を借りていくこともできるし、車で寝泊りができるキャンピングカーを借りて、それを移動をしながら、旅行を楽しむという方法もある。
旅先だけでレンタカーを借りて楽しむだけではなく、そういった特殊車両を借りて、旅行の移動自体を楽しむことができるのも素晴らしい。
車の代行運転サービスや、運送会社のお買いものお届けサービス、自分で運転できない場合のサービスも最近たくさんあるが、自分で運転するレンタカーのサービスも、これからはもっともっと色々な利用用途の開発にさらに幅を広げていくのではないだろうか。
どのようなものが出てくるか、ある意味楽しみでもある。